マキアレイベルは化粧崩れしない?!10時間後と比較!

化粧品の購入にクレジットカードでのお買い物が心配な方必見!安心のデビットカード

3 min 4 views

[chat face=”woman1″ name=”” align=”left” style=”type1″]ネットでクレジットカードを使うのはなんだか怖いなぁ。[/chat]

[chat face=”woman2″ name=”” align=”left” style=”type1″]クレジットカードは使いすぎてしまいそう。[/chat]

[chat face=”woman3″ name=”” align=”left” style=”type1″]収入がないからクレジットカードが作れない。[/chat]

[chat face=”woman1″ name=”” align=”left” style=”type1″]夫の名義のクレジットカードしか持っていないから自分で購入したものの決済が出来ない。[/chat]

こんなことを思った時ありませんか??

こういったことを回避して持てるカードをご紹介します。

それは『デビットカード』です。

【マキアレイベル】のリキッドファンデーションなら初回から後払いもOK!

クレジットカードでのお買い物が心配な方必見!安心のデビットカード

デビットカードとは??

預金口座と紐付けられた決済用カードである。金融機関(一般的に銀行)が発行し、このカードで決済すると代金が即時に口座から引き落とされる仕組み。

参考:Wikipedia

なんだか小難しい説明で分かりにくいかもしれませんが、口座に残高がある範囲内でクレジットカードのように使用出来るカードです。

デビットカードにもクレジットカードのように16桁の番号が振られています。

これを使ってネットで買い物をする時はクレジットカード決済を選択して使います。

デビットカードのメリット

デビットカードの最大のメリットは使いすぎ防止です。
クレジットカードで買い物をすると限度額いっぱいまで使えてしまい、手元のお金がすぐには減らないので買い物をしている感覚がおかしくなってしまいそうになります。

デビットカードなら口座にお金が入っている範囲内でしか使用出来ないので、自分専用の化粧品用、日用品用などで口座をくくってしまえば、計算しながらお金を使うことが出来ます。

私はネットで買い物するものに関してはこの『楽天デビットカード』を使用するようにしています。

>>楽天銀行デビットカード(JCB)を詳しく見る

楽天デビットカードは還元率がJCBの利用で100円で1ポイントです。
JCBであれば年会費は無料です。

他のカードでここまでの還元率のものはありません。

楽天デビットカードのお得な還元率

例えば、月5000円ずつ化粧品や日用品を楽天デビットカードで買ったとします。

すると、年間で60000円分買い物をしたことになります。

60000円ということは年間で600ポイント楽天ポイントがたまります。

楽天ポイントなんて使わないよーと思っている方もいるかもしれませんがバカには出来ません!

楽天ポイントは当然、楽天市場で使用出来ます。

600ポイントあれば、楽天市場でリキッドファンデーション用のパフを購入してもポイントが余ります。

たかだか600ポイントですがバカには出来ないですよね。

デビットカードは収入がなくても持てるカード

楽天デビットカードはクレジットカードではないので、15歳以上の方ならほぼ審査なしでデビットカードが作れます。

楽天デビットカードの入金の仕方

コンビニATM、ゆうちょ銀行で入金が可能ですので、比較的使いやすいのが特徴です。

コンビニATM、ゆうちょ出入金銀行手数料

楽天銀行の出入金手数料を見てみる

3万円以下の場合は手数料がセブンイレブンのATMで216円かかってしまうので注意しなければなりません。

楽天デビットカードでの出金の仕方

楽天デビットカードは楽天銀行のキャッシュカードにデビット機能がついたものなので、基本的出入金の仕方は銀行のキャッシュカードと同じです。

コンビニATMやゆうちょ銀行で出入金出来ます。

ただし、出金する際には手数料がかかるので注意しましょう!

楽天ポイントも貯まるお得な楽天デビットカードを作る

楽天銀行はアプリでの出入金管理も出来るのでATMへ残高確認をしに行かなくても大丈夫なので、とても便利です。

楽天銀行デビットカード

まとめ

楽天銀行のカードは1週間程度で発行できますので、化粧品や日用品をネットで購入する際に便利で楽天ポイントもつき、JCBなら年会費もかからないお得なカードです。

普段使いや自分専用使いにおすすめです。年会費もかからないので1枚持っておくと便利に使えますので早めに作っておきましょう!

私が使っているスキンケアからファンデーションまでライン全部を見てみる

関連記事